別府・明礬で仕事・プライベートを整える+デトックスプラン

目次

こんな人におすすめ

・ワーケーションを体験してみたい
・女性2人でワーケーション旅がしたい
・心も身体もデトックスしたい
・行き詰まりを感じているのでリセットしたい
・普段手につけられていない「好きなこと」に没頭したい

【DAY1】ワーケーションはOFFを存分に楽しんでから始まる!

10:00
福岡から高速を通ってマイカーで別府を目指す。

仕事に疲弊した幼なじみを誘って、福岡から別府へ。
友人は「ワーケーションって、ワークとバケーション、両立できるものなの?」と疑いの目。
行き先を伝えると、「わーい、久しぶりのバケーションだ!*\(^o^)/*」と早速OFFモードへ(笑)

12:00
別府に到着。別府湾を眺めながら、「岡本屋売店」でランチ。

岡本屋でランチを。「地獄蒸したまごサンドイッチ」「とり天」「地獄蒸し塩たまご」を頼んで2人でシェア。
明礬大橋と別府湾を眺めながら、硫黄の香りが漂う。まるで異世界。
「卵サンドウマッ(*´ー`*)」と彼女も喜んでいたのでひとまず安心。
地獄蒸しプリン買ってくるー(*´-`)」・・・って、まだ食べるの??(笑)

岡本屋売店

苦味が効いたカラメルと濃厚な味わいがくせになる地獄蒸しプリン。
ひとつひとつ手作業で仕上げ、温泉のスパイスがぎっしり詰まった自慢の一品。
研究を重ねて出来上がったオリジナルメニュー・温玉うどんやシンプルな塩玉子も人気。
売店と併設したお茶屋では、立ち上がる湯煙や湯の花小屋を眺めながらくつろぎの時間をお過ごしください。

「岡本屋売店」を詳しく見る

車で2分。「湯屋えびす」へ

13:00
「湯屋えびす」で温泉&岩盤浴で芯から温まる。

ご飯を食べたら、次は温泉。仕事・・・し、しますよもちろん!!!(^◇^;)
でもまずは温泉です。受付したら、まずは岩盤浴へ。話そうと思ったら彼女は爆睡。(笑)
身体が温まったので、次は大浴場へ。今度こそ女子トーク。
仕事のこと、私生活のこと、色々溜まってたのね。
いつも明るいから気づかなかったけど、仕事のこととか自分のことで自信失ってたみたい。いつもお疲れ。
その後、ヒーリングルームへ。私は、さっき修正依頼があった記事編集。彼女は爆睡(本日2回目)

(写真引用元:湯屋えびす公式HP

湯屋えびす

明治7年創業の御宿ゑびす屋。
単純泉と硫黄泉という明礬温泉特有の源泉を持つ温泉は、江戸時代からの湯治という役割で古くからお客様の心と身体を癒してきました。
同じ敷地内にある「湯屋えびす」。1階露天風呂、2階内湯の大浴場には硫黄泉の大きな露天風呂やジャグジー風呂、マグネシウムの湯などたくさんの湯船があり、いろんなお風呂を楽しめます(奇数日は1階露天が女性、2階内湯が男性。偶数日はその逆となります)。
加えて、明礬温泉唯一の岩盤浴も備えております。各階ともロッカーを数十個備えた大きな大浴場です。 また、家族風呂は5部屋。露天の硫黄泉という明礬でも珍しい貸切風呂となっており、プライベートな時間をゆっくりと過ごすことができます。 別府湾を見渡す高台で気持ちよく露天風呂や内湯からの景色を楽しみながら ごゆっくりお過ごしください。

「湯屋えびす」を詳しく見る

湯屋えびす内から「御宿ゑびす屋」へ

16:00
御宿ゑびす屋」にチェックイン。

チェックインを終え、別館の部屋「兎の寝息」へ。
「え!?こんな良い部屋取ってくれたの!?わーーーい!∩^ω^∩」と言いながらベッドにダイブする彼女ƪ(˘⌣˘)ʃ<ヤレヤレ
夕食前なので浴衣に着替え、各自好きに時間を過ごす。どうやら彼女はさっきしっかり休んだおかげか、すっきりした模様。そしておもむろにPCを取り出し、今制作しているサイトのデザイン仕事を開始
それこそが、ワーケーションなんだけど(笑)

御宿ゑびす屋

えびすの湯を存分に楽しむことができるご宿泊のご案内です。
昭和の佇まいを感じさせる別館と、本館から廊下続きの静かな本館。
チェックインからチェックアウトまで、湯屋えびすの大浴場や家族露天風呂に思う存分入ることができます。

「御宿ゑびす屋」を詳しく見る

19:00
夕食は「地獄蒸し」を。

仕事はひと段落。楽しみにしていた食事へ!(*´-`)
大分県産のヘルシーな食材を油なしで蒸気だけで調理って、ヘルシー×ヘルシーで超ヘルシーやん!」
と訳のわからないことを言いながら、写真や動画をInstagramのストーリーに投稿する彼女。
「あの、それは良いから手伝ってくれないかな・・・(゚ω゚)」と思いつつ、地獄蒸しに舌鼓。
自然に囲まれて、自然な自分でいれて、楽しくて、美味しいって、最高です。

(写真引用元:湯屋えびす公式HP

地獄蒸し

お魚もお肉も美味しく。ひとつのせいろでいろんな食材を楽しむことができます。
同じ時間で出来上がるよう食材の大きさを工夫しています。
写真のように、2段重ねて蒸すこともできます。
蒸気で蒸した食材は、本来の味を損ねることのなく美味しく召し上がっていただけます。

「地獄蒸し」を詳しく見る

20:30
湯屋えびす内にある「メディティアン・ピーエ」で日々の凝りをほぐす

食事が終わったら、小休憩した後「メディティアン・ピーエ」のマッサージへ。
彼女に伝えると、「え?メディテレーニアン?」いやそれ地中海 ƪ(˘⌣˘)ʃ <ヤレヤレ
東洋医学の考えを基にし、足を使って全身を踏むんだとか。
90分コースでお願いして、少し後悔。私も彼女も阿鼻叫喚の嵐。
でも終わってみれば全身が軽くなってる(°_°)なにこれ凄い!!!福岡に欲しい・・・!

メディティアンピーエ

medidian(造語)は medical(英:医療的な)+meridian(仏:主要な点を結ぶ線・経絡)を合わせ、作られました。 pied(仏:足) ピーエは 中国にて、治療は僧侶の修行目的で作られた「足経術」の技術を更に美容色を濃くし、女性対象の美容健康法として日本で確立しました。 東洋医学の考えを基にし、足を使って行うトリートメントです。 人間の身体には縦横に「経絡」と呼ばれる氣血の通り道があります。 (経絡上に、経穴(ツボ)が点在しています) なかでも、特に影響の大きい経絡が14本。 経絡には、それぞれに氣血の流れる方向があります。 ピーエは、足の面を使い氣血(きけつ)の流れの方向に向かって刺激します。しこりをほぐし、流れの良い身体を作ることにより自然治癒力を高めます。

「メディティアン・ピーエ」を詳しく見る

22:00
寝る前も好きな時間を。

「はぁああ〜!全てが最高!今回誘ってくれて有難う(ToT)」
冗談じゃなく少しだけ目がウルッとしている彼女。そのために連れてきたんだから良いの!(*´ー`*)
と言いつつ、InstagramやTwitterばかり見てる彼女に「今日はもうスマホOFF!なんか話そ!
部屋にあったお茶を入れて、仕事、私生活、人間関係の話から、小学生の時の笑い話、中学生の時に好きだった男の子の話まで、色々と語り合った。
実はこういう時間が、現代で最も大事なのかも。良い友達持ったな。

(写真引用元:湯屋えびす公式HP

23:00
眠気に誘われ、いつもより早く就寝。

【DAY2】外から、中から、綺麗にしていく。

07:00
起床したら、別府湾を眺めながら明礬を散策。

「エモー!明礬激エモー!∩^ω^∩」テンション上がりすぎです(笑)
でも確かに、この明礬のどこかノスタルジックな感じ、他では味わったことないかも
別府では最も歴史がある温泉地で、確かに150年前にタイムスリップしたみたいな気持ちに。
相変わらず写真を撮ってはInstagramにあげる彼女。彼女だけは現代に取り残されているみたい ƪ(˘⌣˘)ʃ <ヤレヤレ

湯の花小屋

湯の花とは江戸時代から続く伝統的製法による天然由来の入浴剤です。
慢性皮膚病をはじめ神経痛、関節痛等の効能を得られます。
つまり湯の花小屋は、昔から伝わる、湯の花製造工場なんです。

08:00
「御宿ゑびす屋」で朝ごはん。大分名物団子汁でほっこり。

「いただきまーす!(*´-`)」朝から元気な彼女。
心なしか、少しすっきりした様子。これだけでも来た意味あったな。
「団子汁って、初めて食べたけど美味しいんだね(*´ー`*)」
朝からなんだか、ほっこり。こんな日常なら、毎日気持ちよく職場に向かえるのにな(゚ω゚)
朝ご飯の後は、チェックアウトの時間まで部屋で黙々とPCで単純作業

(写真引用元:湯屋えびす公式HP

11:00
お宿えびすをチェックアウト。午前はお仕事。


「このお宿、最高だった!なんか活力湧いてきたーー!!∩^ω^∩」
この子の活力は果たしてどこから来るのか・・・何にせよ、リフレッシュできた様で良かった(*´-`)
チェックアウト後はオーナーさんのご厚意で湯屋えびすのヒーリングルームでお仕事させてもらえることに。
仲良くなったから特別にだって(ToT)別府の人たちは優しいなあ。
彼女はオンラインMTG、私は今取り掛かっている記事の最終納品に向けて作業

車10分で「蒸士茶楼」へ。

12:30
蒸士茶楼」の蒸し薬膳料理で体の中からデトックス

ランチは、低音スチームで調理した「中国薬膳料理」
何年か前、尊敬している著名料理家・栗原はるみさんの機関誌の特集で取り上げられていて、ずっと行きたいと思っていたところ(*´ー`*)
別府の良い所は、温泉に入って肌が綺麗になるだけじゃなく、温泉の蒸気などを使って体の中も綺麗にできること。
「あ、もう私綺麗になったわこれで。鏡見なくてもわかる( ̄^ ̄)」
元々綺麗なんだから、もはやそれは嫌味だ ƪ(˘⌣˘)ʃ

蒸士茶楼

「蒸士茶楼(むしちゃろう)」は、大分の言葉で「蒸してやろう」という意味の店名ですが、もちろんこれには深い意味が。中国では蒸すという調理法が日本食以上に使われており、そこにはとても健康や美容にいい効果があるんです。
それを最大限に高める調理法、それが50℃洗い&低温スチーム。これをメインにお料理をご提供しています。
また器にも特別なこだわりがあり、食事を食べるだけではなく、見ても楽しんでいただけるよう心掛けております。
ぜひ今までに味わったことのない、食の世界へおいでください。

「蒸士茶楼」を詳しく見る

車5分で「香りの博物館」へ。

13:45
「香りの博物館」でマイ香水作り&博物館を鑑賞

「え!自分で香水作れるの!?(゚ω゚)ノノ」
そう、ここではマイ香水が作れるんです。彼女はこういう体験系が大好きで、大雑把に見えて実はすごく凝り性(笑)
40分くらい経って、ようやくイメージに近い香水が完成。少しエレガントな感じ(*´-`)
「できた!!この世で唯一の私だけの香水!匂ってみて!」どうやら自信満々のご様子。
・・・え!確かに凄い!初めてでこんなに調合ってうまくいくもの?(゚o゚;; もう、この道に進んだら?

(写真引用元:香りの博物館公式HP

香りの森博物館

オリジナルの香水作りを体験できます。電話・メール等での事前ご予約が必要です。
また、体験には別途料金が必要です。ご利用料金:1回 2,500円(お持ち帰りの香水30mL、香水ビン含む)

「香りの森博物館」を詳しく見る

車で10分の「湯の里温泉」へ。あえて明礬にまた戻ります。

15:00
ここからは、メイクを気にせず機能温泉浴で更なる美肌へ。

ご飯を食べたら、「湯の里温泉」へ。
「ええ〜?今朝明礬でさっき鉄輪、で、何でまた明礬に戻るの?ってか朝メイクしたばっかりなんだけど!」というブーイングはさておき(笑)
その狙いは、「機能温泉浴」。2湯以上をはしごして、相乗効果的に高めるというもの。
まずはシャン泉(シャンプーのようにクレンジング効果のある温泉)として「湯の里温泉」へ。
「見てみて〜肌がスベスベ〜(*´ー`*)」ご満悦なご様子。(笑)

湯の里温泉

大露天岩風呂は別府一の高台にあり、明礬大橋や鶴見岳、高崎山など雄大な景色を眺めながら温泉が楽しめます。

「湯の里温泉」を詳しく見る

車で7分の「ひょうたん温泉」へ。

16:30
次はリン泉(リンスのように保湿効果のある温泉)「ひょうたん温泉」

そして、またまた鉄輪へ。
「えええ、さっき温泉入ったばっかりなのに、何で矢継ぎ早に入るの〜?」
今回は、リン泉(リンスのように保湿効果のある温泉)として「ひょうたん温泉」に。
そう、まさに2湯をはしごすることで、シャンプー&リンスの効果が。
「あ、そういうことなのね!こっちが保湿効果なんだ。これ以上私を綺麗にさせてどうするつもり!?」
失った自信はどこへやら( ˙-˙ )

(写真引用元:ひょうたん温泉公式HP

ひょうたん温泉

家族風呂や、むし湯、砂湯、大浴場に瀧湯、お食事。
ひょうたん温泉には、まるで別府の魅力を一箇所に集めたような様々な楽しみ方が詰まっています。
気心の知れた仲間と家族風呂や大浴場を楽しんだあとは、休憩スペースでゆっくり語らい。身体が冷めてきたころにはむし湯や砂湯など、別の施設を楽しんでみるのもオススメ。
ひょうたん温泉自慢の純度100%の源泉で、心がほぐれたあとのお食事やお酒は格別です。
半日過ごしてもまだまだ楽しめる。そんなひょうたん温泉の魅力をぜひ堪能してください。
温泉地ならではの蒸し料理体験もお楽しみいただけます。

「ひょうたん温泉」を詳しく見る

機能温泉浴

機能温泉浴とは、異なる泉質を組み合わせて入浴することで相乗効果を期待する入浴方法です。
特に10ある泉質のうち7つの泉質が存在する別府市で親しまれています。
高い効果を狙うのであれば、シャン泉・リン泉の間隔はできれば30分以内で。

「機能温泉浴」を詳しく見る

一息つき終わったら、美肌・すっぴんのまま帰路へ。

18:00
お土産などを購入して、別府を出発。心も体も整いました。

「はぁああ〜最高だった!∩^ω^∩」まるでむき卵のようにツルツルになった彼女。
ふと、呟く。
私、仕事とか家族とか、全部周りのせいにしてたのかも。そして、そんな自分が嫌いだったのかも
彼女の中のあらゆる毒素が抜けて行ったのか、爽やかな表情を見せていた。連れてきて正解だったかな。
「あ!見て見て!あそこにでっかいタワーがある!あれ何?(゚ω゚)これもインスタにアップしよっと」
うーん、変わったような、変わってないような(笑)タワーは次回のお楽しみかな。また来ようね!

20:00
福岡に到着。満足だった旅を友達や家族、パートナーと共有してみてください。

明礬には、不思議な力があります。
現代の人々が失いつつある、免疫力や自己治癒力などを回復させてくれます。
それは、温泉のおかげか、食のおかげか、明礬の人々のおかげか。
それを確かめに、是非とも是非とも一度来てみてください。皆さんをお待ちしております。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる